コンクリート技士とは?

コンクリート技士(こんくりーとぎし)とは、公益社団法人日本コンクリート工学会が実施する試験に合格し、合格者の申請によって登録された者に与えられる称号です。コンクリートの製造や施工に携わる技術者として必要な知識・能力を有し、コンクリート製造の各工程や検査を行い、主任技師は製造や研究に関わる計画・管理などを行います。コンクリート技士の上位にはコンクリート主任技士という資格もあります。近代建築においてコンクリート造の建造物が増えている現在、コンクリート技士は必要不可欠とされており、今後も需要が増えることが予想される職業です。

コンクリート技士

コンクリートの製造、施工、検査および管理など、日常の技術的業務に直接携わります。

コンクリート主任技士

コンクリートの製造、工事および研究における計画、施工、管理、指導などを実施製造や研究に関わる計画・管理などの業務に携わります。

実績

1200
検査実績(2019年現在)
93 %
満足度(当社調べ)
11
年数(2019年現在)

お知らせ